その他

Vol.002 【植え付けられた価値観】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著作者:	AlBargan

1-2 植え付けられた価値観

幸せとは何かを知るには、なぜ今のあなたが幸せを感じることが少なくなっているのかを知る必要があります。

数回に分けて、その何故かを解明します。

我々は子供の頃、笑顔に溢れ楽しい時間を感じ取ることが多かった理由は自分の中から発する気持ちや感覚に素直に反応をしていたからです。大人になった今のあなたとは違って物事をあまり知らず、誰かと自分を比べることも人からの見え方や世間体を気にする事もあまりなかったはずです。

大人になると物の価値を知り欲しい物や欲が現れ我慢することも増えます。しかし、自分が自然に受け入れていた価値観そのものが誰かにコントロールされている事をあなたは理解していない可能性があります。もしあなたが高価なブランド品や高級車、宝飾品や高級マンションに強く憧れを抱くことがある場合は既に売り手の広告や見せ方に自分の心を奪われ価値観を植え付けられている可能性があります。売り手は顧客を獲得する為 憧れを抱かせるように広告を創りプロモーション活動を行います。テレビやインターネットも大半が広告で収入を得ているため、我々は常に何かを売り込まれ、本来は必要なかった興味や価値観を次々と植え付けられます。

高学歴にしても高収入にしても、誰かが良いと評価した価値観をそのまま受け自分の価値観として受け入れてしまった結果かもしれません。誰かに植え付けられてしまった価値観は生まれ持った自分の価値観とは違うので植え付けられた誰かの価値観を追い求めれば求めるほど違う自分になる必要があるため苦しくなるのです。

欲しい物や憧れを感じた時こそ本当にそれを自分が好きかどうか疑うべきなのです。

とは言えブランドや高級品などを全てを否定している訳ではありません。世の中にはブランド品が好きでしかたないという方もいらっしゃいます。本当に好きなのであればとことん追求して誰にも負けないコレクターになればそれは立派な収集家で一目置かれる存在になると思います。私が問題視をしているのは、次々と自分の好きな物が変わることや古くなったから飽きたからと言って捨てるような物を購入する買い方や行動です。広告に上手く買わされた経験があるかどうか部屋の中を見渡してみてください。

部屋に余計な物が沢山ある場合には要注意です。貴方の価値観は広告や誰かによって影響を受けている可能性が高いからです。本当の自分に戻るためには子供の頃に好きだったものや憧れていたものなどを思い出してみるとよいと思います。好きだった物がなにか覚えていますか?そこに本来、あるべき姿のあなたがいます。
first_bt03_on-4
first_bt03_on-2first_bt03_on