Blog

健康でいるために必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
必要

人間が意識をしなくても行っている。 

呼吸 栄養 排泄は全て神経系統の指示によって機能している。 五臓六腑が機能しなくなるのも、こころが弱くなるのも全て神経系統の影響を受けて起こるのである。
肉体を生命を維持する大切な神経系統がバランスを失い、生命の中に潜む病を治す力、すなわち、自然治癒力というものが働かなくなる。
消極的感情を持つと血液が濁ります。
血液は肉体生命を維持する上で、非常に大切なものです。血液内の赤血球は栄養を運ぶ働きをし、白血球はじんたに害を及ぼすウイルスやバクテリアを除去する役目を担います。ところが、人間が消極感情を持つと、肝臓内の肝グリコーゲンを異常分解し、血液中の糖分が増加し、血液が酸性化します。人間の血液は本来、弱アルカリ性であるのが望ましいですが、これが酸性化すると、白血球は働かなくなり、解毒作用がにぶくなり、その結果、ウイルスやバクテリアなどの外的に侵され、病に苦しむことになります。
怒りっぽい人、臆病な人、悲観しやすい人など、いわゆる神経過敏で、感情的な人が病にかかりやすく、また、いったんかかったら治りにくいのはこういう原因があるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加