その他

感情に揺さぶられない心の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
感情に揺さぶられない心の作り方

 

怒り 不安 恐怖 悲しみに捕らわれると
思うような結果を出すことができなくなります。

感情に捕らわれることによって、消極的になってしまい
思うように行動ができくなるからです。

スポーツ選手が成功するイメージを大切にする理由は
気負いさせずに、できることを信じて疑わない こころを
創ることによって肉体も精神も最高の
パフォーマンスを出すことに集中するためです。

我々のような 日常生活においてイメージを高めることは
重要なので それはまた後日 お話させていただきます。

感情に揺さぶられない こころを作るにはどうすればいいでしょうか?

人間のこころの変化は 自立神経に影響を及ぼします。
緊張でお腹が緩んでしまったり、人前でたくさんの汗をかいたり
みなさんも経験があるかとおもいます。

「腹がたつ」「腑に落ちない」 といった言葉があるように
お腹は感情によって大きく影響を受ける場所です。

そういった感情の刺激にたいして瞬時にコントロールする方法があります。

簡単なので驚くと思いますが、感情に心が揺さぶられそうな時には
お尻の穴を意識的に絞めてください。 

手順としては、 

①息を鼻から吐ききります 
②息を吐ききったら お尻の穴を絞めます。
③口から息を吸います
④息を吸いきったら お尻の穴を占めます。

厳密に行うには もう少し訓練が必要なのですが
これを数回 繰り返すだけで感情によって
こころを揺さぶられることの 大部分が減ります。

詳しく知りたい方はトップページより メールにてご連絡ください

お腹には丹田といわれる場所があります。
この丹田には神経業といって 多くの神経が集中している場所で
腸やお腹の活動が人間の精神活動に大きな影響を与えているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加