自立神経について

自立神経のバランスの乱れが体調不良を引き起こす理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kl02_im_01

自立神経がわれわれの身体をコントロールしている

わたしたちの身体は、自律神経の交感神経と副交感神経の2つの神経の支配をうけています。 脳から情報を伝達するときに、この2つの神経に亢進と抑制の命令を行います。交感神経と副交感神経は、1つずつの臓器に対し2重に拮抗的に支配(二重支配)しています。この2つの神経のバランスにより、呼吸や血圧、消化、排泄、体温調節などの各臓器の働きを調整しています。

 

672px-Yoshiyamoriguchi_fig_7

からだがストレス(ストレッサー)をうけると、自律神経が関与します。交感神経は一般に「攻撃」(活動する神経)であり、副交感神経は「休息」(リラックスの神経)です。ほとんどの臓器がこれらの二重支配を受けているため、ストレスが長期にわたると自律神経が影響をうけてバランスが崩れ、胃腸や肌への不具合や頭痛を起こすこともあるのです。

 

【こちらもおすすめ】

どうして疲れるのか?体が疲れる6つの原因を知って改善しよう

大腰筋から起こる自然な振動がストレスから開放させる理由

ストレスは脳の中にある、大脳辺縁系の篇桃体が感じ取る。

どのようなメカニズムで解放が進むのか?脳に作用する理由

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする