法人研修 海外駐在員向け

海外駐在員のメンタルヘルス

海外駐在員のメンタルヘルス

海外生活は、赴任者ご本人はもとよりご家族にとっても、新鮮な体験であると同時に、ストレスも非常に高くなります。ゆえに、誰もが程度の差こそあれ、「適応障害」を経験すると言われてます。

 

 外務省の各種統計結果によると、2012年度の海外在留邦人は約126万人で過去最多(前年度比0.7%増)、うち67%を長期滞在者が占める。2013年度の邦人援護件数は1万7796件(前年度比2.32%減)、トップはタイの1216件、次いで中国1116件、フランス829件。

 精神障害に起因する援護件数は207人で、アジア地域が40%を占めて最多、欧州30%、北米20%と続く。身体疾患は中高年を中心に発展途上地域で事例化、精神疾患は30―40代を中心に地域に区別なく事例化している。
 
 
海外勤務者を取りまく現状として、
 
1)仕事を休みにくい
2)(休暇をとっても)職場復帰のプレッシャーが強い
3)過労が原因の明確なうつ状態が多い
4)人員削減により業務量が増加
5)小規模事業場の場合、(上司や部下などの)人間関係がこじれると解決しにくい

などが挙げられる。自律神経症状、睡眠障害、不安状態、うつ状態といった症状が組み合わさることが多い
 
 
 
厚生労働省による「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針・4つのケア」というものがある。
 
1)セルフケア(自分自身)
2)ラインによるケア(職場の上司や同僚)
3)事業場スタッフによるケア(人事労務担当者や産業保健スタッフなど)
4)事業場外スタッフによるケア(産業カウンセラー、医療機関など)

 
国内でも海外でもまずは、「自分のことは自分で守る」という心構えが必要とされる。海外では特に、「メンタルヘルスケアの知識を身に付け、より早い段階で身体症状の異変に気付き、セルフケアを実施する」という一次予防が大切となる。
 

適応障害を乗り切り、メンタルトラブルで途中帰国しないために効果的な方法が「予防」です。

 

日本人患者の症例を整理すると、

1) 言語の問題
2) 文化の違い
3) 仕事と私生活のバランス
4) 家族に対する支援不足
5) 生活拠点変化への挑戦
6) アルコール問題
 
などが挙げられる。国に限らずアジア地域全体として、「仕事の需要」「仕事に関する知識不足」「仕事および私生活における目的や意味の欠如」「効果的なリーダーシップの欠如」「スタッフのモチベーションの低迷」「仕事や家族、私生活のバランスの欠如」「管理的立場からの支援の欠如」「職場の人間関係の乏しさ」が、「アルコール依存」「気分障害」「不安障害」「双極性障害」「人格障害」「認知症」「摂食障害」といった問題を引き起こしている。
 

このようなストレスに対しては本人による声に出しての表現 自己主張のトレーニングが大事であり、企業としては効果的な従業員支援プログラムが必要とされる

 

うつの感情に関する症状は以下のとおり。


* 悲しみ
* 興味や喜びの欠如
* 打ちのめされたような感覚
* 不安
* 集中力や思考力、決断力の減少
* 過度または不適切な罪悪感
 

うつの身体的な症状は以下のとおり。

* あいまいな痛み
* 頭痛
* 睡眠障害
* 疲労感
* 背痛
* 明らかな食事の変化に起因する体重の変化

治療としては、「生物学的:投薬」「心理学的:心理療法、カウンセリング」「社会的:家族教育、家族セラピー」が有効とされる。
 
しかしながら赴任先では赴任者ご本人の心をケアできるスタッフも少なく適切な病院もあるとはいえないのが現状 特に言語の問題 文化の問題があるため 十分なケアを受けることが出来ないことも多く 治療を受けるため帰国を余儀なくされるケースも起こっているのが現状である。
 
 
Migaruの海外赴任前研修は3ステップで、海外赴任者とそのご家族をメンタルトラブルによる途中帰国から守ります。
 

① 先ず、赴任前に重要な事前情報をインプットします。(Step1)

② 次に ワークによって精神疾患に至らないためのストレッチを習得します。(Step2)

③ その後、さらに個別のサポートにより不安を解決します。(Step3)

 

この3ステップの研修で事前に必要な情報とストレッチ(セルフケア)を入手後、海外生活をすることにより、予防方法を学んだことによって心に余裕と安心感ができ、海外でうつを始めとする精神疾患にかからない心と体を創り上げることが可能となります。

 

海外赴任生活では、渡航時より4〜12ヶ月の間に、言葉や慣習の変化に伴い、誰もが多かれ少なかれ「適応障害」に陥ると言われています。

Migaruの赴任前研修では、この適応障害が嵩じて精神疾患に至らないために有用な情報を事前にお伝えしストレッチを習得して頂きます。

この経験により、実際のメンタルトラブルに対する予防が可能となります。

さらにアフターサポートでは、赴任前〜帰国まで研修プランに応じ、メール、Skype、対面などでのご相談ができます。

 

法人研修のベネフィット

この研修を受けることにより、海外赴任者とそのご家族は、海外生活に潜むメンタルトラブルに対してご自身でセルフケアをする手段を得ることができます、つまり自分で自分の心のケアをすることができるようになります。

実際の海外赴任生活で実践的に活かすストレッチを体得することで、ストレスによる駐在員のメンタルトラブルを予防し大切な従業員と、その家族をメンタルトラブルから守ることができます。

この「心の予防接種」を受けた海外赴任者とそのご家族は、赴任先でパフォーマンスを上げることが可能となり、企業サイドでは医療費削減ならびに赴任者の途中帰国のリスク回避が可能となります。

 

もっと詳しく知りたい方はこちら