腸内環境

日々のストレスは腸内環境を悪化させる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Intestine

現代人は目に見えない敵とつねに戦っている。その天敵はストレス

20~50代の働き盛り世代では、日頃ストレスを感じている人の割合が60%を超えるというデータもある。改めてストレスを定義すると、ストレスとは、ストレスを引き起こす要因(ストレッサーにより、心身のホメオスタシス(恒常性維持)が崩れた状態。腸の働きは自立神経が司っている。自立神経のうちの交感神経が優位になると腸の活動が抑えられて、副交感神経が優位になると促進させる仕組みだ。ストレス下では交感神経が優位になりやすいから、腸の働きにブレーキがかかって腸内環境が悪くなり、IBS(過敏性腸症候群)などの腸トラブルも増えてくる。どう頑張っても仕事や対人関係に伴うストレッサーは根絶できない。肝腎なのはストレスへの耐性を高めることだか、ストレス耐性は逆に腸内環境の影響を受けている。

無菌で育てたマウスと乳酸菌を含むエサで育てたマウスを使い、水が苦手なマウスを水に落としてストレスを与える実験を行うと、無菌マウスの方が先にギブアップする。しかもストレスで分泌されるコルチゾールというホルモンの分泌量も乳酸菌マウスの半分ほどだった。つまり善玉菌である乳酸菌豊富で腸内環境が良いマウスの方がストレス耐性は高かったのだ。マウスばかりかヒトでも腸内環境を良化するとストレスに強くなり、腸トラブルやストレスから解放されるに違いない。

 

ストレスでお腹を壊す?日本人の10~15%が悩んでいるお腹のコト

インナーマッスルを鍛え腸内環境をリセット毎日10分で効果あり?

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする