メンタル

うつ病を克服したい方は必見 回復効果を実感した行動について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8224456191_f0fc0c1f6d_b

 医療専門分野のTRE指導者が多いのは既存の医療行為だけでは対応がしきれないから

うつ病を克服するまでに行ったこと

TREプラクティショナーの多くは臨床心理士・薬剤師・産業カウンセラーなど医療専門分野の方です。彼らは従来の医療だけでは無理があると感じたり医療プラス何か別の方法を模索して実行している方々です。医療を否定する訳ではありませんが、しがらみが多くある職場だと伺います。

彼らの多くは日々一生懸命にクライアントを健康にするために奮闘をしているにも関わらず思うような結果が得られなかったり本当に良いと思っている診療行為を施術することができずに仕事をされている方もいらっしゃるようです。

私が心療内科に通院を始めたばかりの頃 薬を服用することで、改善効果があることを期待していました。 ところが通院している期間が延びるとともに、処方される薬の量が増え、種類が変わることが繰り返されました。医師には「身体がだんだんと薬を覚えて効果が薄らいでいくので増やしたり変えたりしている」と言われていたのですが薬の量がだんだんと増えたり変わることにも疑問を持ってしまい、医師との話も合わなかったので病院に通いだしてから3ヶ月で通院を止めました。

通院を止めてからも大量に処方されていた薬を飲んだり飲まなかったりを繰り返していました。通院を止めてから自宅にこもる状態が続き2ヶ月が経っても一向に体調が良くならず だるい状態が続いていたので別の病院に通う事にしました。

2つ目の病院の先生との感覚はあっていたので素直に処方された薬を飲む事を再開しました。体調が良くなると思って薬を飲むのですが 身体に合わないのか状況が改善されることはありませんでした。

あるとき自分の処方されている薬について調べる機会がありました。検索されたページの中にいくつか気になることが記載されていて薬によって病気が治りにくくなってしまう可能性があること・依存性が高いことなど少し読んで怖くなった私は薬に頼ることを止める決意をしました。

薬を止め2ヶ月くらい経過した頃から外出することが苦ではなくなり うつ病に効果が期待できるという行動を調べては自分の身体を使って、実験をするようになりました。

 

まずは人に伺っていたセロトニンの分泌を促す為の日光浴・瞑想・ジョギング リズム運動・断食・気分転換をするために散歩などを試すことにしました。

最初に始めたのは瞑想でした頭の中にある雑念を取り払えるようにと。朝起きてすぐに瞑想を10分から15分行うようにしました。朝の静かな時間に起床をして、ただ目をつむり呼吸を整えることと頭をクリアにすることに勤めました。

瞑想がある程度 習慣化してきて20日ほど経過したころ日光浴を始めました もともと瞑想をするには家族が起きる前にする必要があったので、早起きのついでに朝日を浴びてみることにしました。毎朝 太陽が昇る前に起床して瞑想を行い 次にただ目を閉じて太陽を感じていました。

継続しているうちに元気になってきたので、太陽を浴びたあとにジョギングをするようにしました。毎日のように瞑想、日光浴、ジョギングの3セットを続けるうちに体内のリズムができたのだと思います。三ヶ月程たったころ身体も楽になってきました。

また、うつ病や脳に関する書物を読むようになり知識も増えていきました。再発の可能性が高いことや自立神経と密接な関係 睡眠が大きく影響していること アルコール摂取や食事 新しい療法などについて調べました。

うつ病と診断されてから11ヶ月が経過した頃にTREというストレス・トラウマ療法があることを知りました。それまで認知療法など一般的な医療を受けてきた私にとっては画期的な方法だったので、期待をしてTREを受けにいきました。

最初にTREを受けたときの感想は新しい呼吸法かな?といった印象でした。自宅で何度か続けているうちに自分の中にある変化に気づくようになりました。TREの途中で熟睡したり・しびれを感じたり・頭がボーっとしたりTREをする度に反応は違っていましたが 他のどの方法とも明らかに違う変化がありました。

TREを継続していくなかで、自分の身体が徐々に回復し行く事が分かりはじめました。TREを初めて約5ヶ月間が経過した頃 何年も下がっていた口角が上がるようになり、目の色や表情に変化が現れていたようで…人に会うと「表情がだいぶ良くなった」と言われるようになりました。気分も落ち着きを取り戻し不安を感じにくくなり感情の上下があまり起こらず健やかな気分で生活できる時間が増え身体が楽になって行く事を実感していました。

もちろんTREをするだけでうつ病から確実に回復して元気になるという保証はありませんが 薬や医師だけに頼り効果を実感できていない方や 他に方法を試したい方 薬害などを気になさる方には大変有効な方法の一つです。

食事や睡眠など普段の生活スタイルや日頃に気をつけなければならないことに関しても 今の私が知っている知識や方法を悩んでいる方に知っていただければ、今より格段に楽しく過ごせる時間が増えます。私は自分の実体験を通して起こったことや知識を人に教えることで人の役に立つのではないか?と思い心理カウンセラーの勉強を始めたり…更に知識を深めたいと言う気持ちからTREのプラクティショナーになりました。

TREを指導している私が言うのも変ですが あなたが もし何もしたくない やる気もおこらない状況であればなにもしなくて良いと思います。

無理に何かをするよりは、ただ感じるままに日々を暮らしていき興味があることがあれば そのことに触れてみることオススメします。

例えば…

旅に行ってみたり 読書をしてみたり なんでも構いません 「やりたいな~」と思う事をすれば良いと思います。

人の気持ちに変化が 現れるまでには時間を要します。家族や友人が変化を強要をしたり 「あの方法が効いたとか」 「この方法が良いらしい」とか一生懸命にオススメしても 治す本人の気持ちが一番重要で治すのは本人の力です。周りの方は無理に押し付けるのではなく それとなく教えたりして気付きのキッカケを与えるのが良いとおもいます。

そして自分がやってみたいと思う事をすれば良いのです。

今の自分が克服して思う事は 長期間に渡り周りにいる家族や友人などには、とても心配をかけたのと負担だったんだろうな…と思う事もあります。もし気分が優れない期間が続く場合には少しでも身体を動かしたり今とは別の世界を体験させたりして気分転換や回復するキッカケをつくることが重要です。

私はうつ病だった期間に食事や睡眠を改善し、アルコールを減らし生活改善をしました。結果は病気になった当初から10Kg以上も体重が減少しました もちろんリバウンドもしませんし気分が落ち込むようなこともありません。そして健康は一つのことをすれば良くかるのでは無く、あくまで全体のバランスが重要だと言う事が解りました。特にダイエットに効果があるような広告をしてる会社のCMをみると急激な変化は身体に無理が生じるし痛めることもあるのに大丈夫…?とか思ったりします。自然に任せる方法が個人的には一番だと思っているのでメールでご相談をいただいている方にも食事や睡眠、アルコールなどについてもお教えさせて頂いております。

すべて病気になったキッカケによってもたらされた事ではありますが今はこれもすべて運命だったのだろうと思い、受け入れられるようになりました。そしてなによりも 心と身体の健康を回復させることの重要性を知ったので 悩んでいる方のご相談にお応えしながら社会貢献ができればと思っております。

 

最後に みなさんの健康と幸せをお祈り申し上げます。

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする