法人研修

安定した高業績と生産性を生み出す 幸せな従業員の増やし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高業績と生産性を生み出す 幸せな従業員の増やし方

 

 

安定した高業績と生産性を継続維持したいと思いませんか?

従業員の労働意欲があがっていますか?

離職率は下がっていますか?

 

社内に福利厚生として従業員に対するメンタルケア制度を導入することで企業の業績は向上します。

 

職場でのうつは増えている!? データでみるうつの実態

うつの患者数(医療機関を受診する患者数)は、1996年では43.3万人でしたが、2005年で92.4万人、2011年では95.8万人(※1)と増加しています。併せて、企業でのうつ疾患者や休職者の増加も、大きな課題となっていますが、その実態はどうなっているのでしょうか。おおよその傾向を知ることができる指標として、以下の2つがあります。

 職場労災_p1_img1

 

(1)休職者がいる企業の割合

厚生労働省の調査では、「過去1年間にメンタルヘルス不調により連続1カ月以上休業又は退職した労働者がいる」企業の割合を公表しています。これを見ると、1,000名以上の事業所では、9割程度で1カ月以上の休職者または退職者がいるようです(※2)。

併せて、上場企業を対象とした民間の調査では、「心の病により1カ月以上会社を休んでいる従業員がいる」企業の割合は、2002年では「58.5%」、2009年では「70.0%」という結果もあります(※3)。企業や事業所の規模が大きくなれば、心の病による休職者の発生率は自然と高くなり、ほとんどの企業や事業所で休職者が一定程度発生しているようです。

 

(2)精神障害に係る労災請求・決定件数

厚生労働省によれば、「精神障害に係る労災請求・決定件数」は、平成24年度に過去最高を更新し475件を記録しました。脳・心臓疾患よりも多くなっています。また、認定率(実際に労災の判定がなされた件数のうち、支給が決定された件数の割合)も39%と、過去最高を更新しており、過酷な労働が精神障害を招くケースは増えつつあります。

出典:厚生労働省(2013)「平成24年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」まとめ」

このように、統計で確認されているだけでも職場でのうつは増加傾向にあります。

うつを周囲に隠して働いている方もいるため、実際にはもっと多くの方がうつで悩んでいるのではないでしょうか。

あなたの周りにも、うつで悩んでいる方はいませんか。うつはどんな人でも罹患(りかん)する可能性があります。実際に、自分がなってしまったら、あるいは周りの人がなってしまったら、どうしたら良いのでしょうか。「あなたの身近な人が「うつ」になったら。やるべき◎つのコト」で詳しくご紹介しています。

  • ※1:厚生労働省(2011)「患者調査」より、「気分[感情]障害(躁うつ病を含む)」の総患者数。
  • ※2:厚生労働省(2012)「労働者健康状況調査」
  • ※3:公益財団法人日本生産性本部メンタル・ヘルス研究所(2009)「産業人メンタルヘルス白書」

 

うつ病500人に聞きました

-発症の原因、休職の実態-

うつで休職する原因は、身近なところにあります。

「うつ病当事者への500人アンケート調査」(※)では、約8割のうつ病当事者が「自分がうつ病になることは予測していなかった」と答えています。

  • ※ うつ病(うつ状態)と診断された経験者508名を対象としたアンケート調査結果。2013年2月、U2plus実施。

職場うつ_img1

 

出典:株式会社ユーツープラス(2013)「うつ病当事者への500人アンケート調査」

また、うつ病になった主な原因も、仕事上のストレスだけでなく、家庭のストレスなど、多岐にわたっているようです。

職場うつ_p2_img2

出典:株式会社ユーツープラス(2013)「うつ病当事者への500人アンケート調査」

 

「いまの環境がストレスだ」という認識がないまま負担が増え続けると、気付かないうちにストレスはどんどん大きくなっていきます。

自分の環境や人付き合い、気になっていることを抱えたままにせず、時々整理して、できるだけストレスをため込まないようにしましょう。

 

企業側にとっても働く従業員にとっても失うものが多い!? 

メンタルトラブルによる離職や人材喪失によって企業の損失は拡大し続けています。高い能力をもった優秀な人材を失うことや、時間と費用をかけ投資を行い育てた人材が企業側から離れることは企業にとっても働く従業員にとっても「お金」「成長機会」を失うこととなります。

労働意欲を失ってしまった従業員を無策のまま放っておけば企業は人材を失うことになります。また休暇や休職の状態にある方を会社に復帰させることができる可能性は低く、そのまま流失してしまうことや、復帰しても以前と同じ仕事ができずに高い能力を発揮することができなくなってしまうこともあります。

悩み 職場 

 

事業は人なり

松下幸之助は常に人を育てることの大切さを訴えてきました。人材が流失してしまうことで企業も人も成長する機会や可能性も失うことになります。現代は少子高齢化の時代、松下氏が生きていたような労働者人口が増えるような時代とは真逆で働ける労働人口が減っていく時代に突入しました。人材の獲得も厳しい時代に優秀な人材を維持しながら育てることは過去にも増して大切です。

働く従業員も仕事を辞め職場を離れることを望んでいません。何らかの理由があって仕事を辞めざる負えないはずです。企業 従業員ともに損失や犠牲を出し続けないためにも双方にメリットがある仕組みが必要なのです。優秀な人材獲得の為に企業は費用を掛けて努力をするだけではなく、既に社内にいる人材に対するケアも今後は企業を成長させるために重要なのです。

 事業は人

 

従業員対するメンタルケア制度を導入するメリット! 

 

企業側 従業員側

・優秀な人材の確保

・従業員の離職率の低下

(人的資源の喪失を防ぐ)

・企業イメージのCSRの向上

・高く安定した生産性の維持

・円滑なコミュニケーション

・社内トラブルの減少

・うつなどの精神疾患による休職や離職の減少

・メンタルトラブル回避

(うつ、など精神疾患)

・ストレス減少

・仕事、家庭などにおける悩みや不安の減少

・充実した福利厚生

 

 

 企業・従業員 双方にもたらすメリットは大きい。

 

 メリット

 

受講者の95%が、1日2回のストレッチを2日続けただけで効果を実感!?

81歳のおばあちゃんも参加した簡単ストレッチ

私が指導している特別なストレッチは心の悩み・ストレスを身体から開放しPTSDやストレス治療に即効性が高い効果のあるメソッドとして、今日では、世界46ヶ国で200万人を超える人々に利用されています。 この セルフケア ストレッチは自分自身の持つ回復力、治癒力を最大限に使ってあなたが本来持っている健やかな心と身体を取り戻すための方法です。

ストレッチ開発者のDr. David Berceli氏はインドのカルカッタでマザーテレサと協力し、自然災害によって被災した被災者の救済に携わってきました。Dr. David Berceli氏には2011年に続き2012年にも文化宗教の壁を越えた交流に貢献した人物に贈られるテンプルトン賞(文化宗教分野のノーベル賞と言われる)にノミネートされています。

 

 エクササイズによる効果測定結果

エクササイズによる効果測定結果2

 

エクササイズによる効果測定結果3

 

 

 

優秀な社員を増やし安定した業績を維持する!?

通信技術の発達によって場所も時間も関係なくメールや電話から仕事が急に発生する現代、休日や深夜まで働く方が増えています。

そんな忙しい現代だからこそ適切にストレスケアをする方法が求められています。メンタルトラブルから企業と従業員を守るには企業・働く従業員 双方ともが普段から意識して行動をする必要があります。働く従業員の心に余裕を持つことができれば快適なコミュニケーションが社内に広がり業務が円滑に進むようになります。企業が社内にそういった福利厚生サービスを提供すると、働く従業員の心の「健康」「快適」さを向上することができます。その結果として優秀な社員と安定した業績の維持につなげることができるのです。

 活力ある職場

 

私の経験から言えること!?

ここまでお話をさせていただいたとおりストレス予防をするメリットをお伝えさせていただきました。私が病になった当時は事業部の採算管理や、部下の業務時間の管理など、業務がありました。部下に無理強いせざるを得ないことが多く、部下から不満を言われ落ち込む日々が続いていました。成果を挙げないと怒鳴られる環境もあって部下が次々と辞めたり病に倒れていくなか「全てをきちんとやらなきゃ」と思って頑張っていましたが、徐々に「頭の中が散らかって、考えが何もまとまらない」「作業に以前の3倍ぐらい時間がかかってしまう」などの症状が出始め、ある朝、それまで感じたことのない焦燥感とともに全く体が動かなくなってしまいました。精神科を受診。「うつの症状が出ているので、休職しましょう」と言われ、そのまま診断書に従い休職することにしました。そして罪悪感や後悔を感じる期間が長く続き結局、復職をすることはありませんでした。

 

御社のスペースを有効活用して従業員へ対するメンタルケアを導入しませんか!?

御社の会議室などで従業員に対するメンタルケアをおこないませんか?

御社に出向き直接指導を行います。

 

ご案内 

御社にてご用意頂くもの

会議室などの個室

 

参加者様にご用意頂くもの

タオル(バスタオル)

運動ができる服装

 ヨガマット(ご自身のものがある方)

 

詳しい指導内容や料金に関するお問い合わせについてはコチラにご連絡をください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする