家庭生活

乳幼児と過ごすと癒される!? 自分の活力を取り戻す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乳幼児と過ごすと癒される!? 自分の活力を取り戻す方法

 
 
なぜ、小さな子供に大人は癒されるのか?
 
 
うつになる原因のほとんどは人間関係です。うつのになってしまった人は知らず知らずのうちに、「人と自分」「誰かや何かと自分を比較」して、「自分は⚫️⚫️より劣っている」とか、「⚫️⚫️は自分にはできない」などと考えることによって強い劣等感や罪悪感を感じるのです。
 
できないことは、決して悪いことでないのですが…効率重視の現代社会では「できない=悪」のように感じてしまい、まるで自分に能力がないのが悪いかのように錯覚をしてしまうのです。
 
 
小さな子供に癒される理由は子供達はできることも少なく、泣いたり、転んだり失敗を繰り返しながら学習し次第にいろいろなことができるようになります。子供の失敗を繰り返しても諦めない姿や、生きようとする活力をみると「凄いな…自分ももう一度頑張ろ」と思えるのです。
 
 
本来は大人も子供と同じで失敗を繰り返して成長するのですが、大人は早く成果を得たいが為に時間をかけて我慢や忍耐をすることができなくなっています。
 
特に心に余裕が無い人は、急ぎがちでいつも何かに追われているような感覚で、人に対して厳しく当たったりすることが多くなります。
 
ところが非効率の中にこそ、幸福感や喜びがあります。
 
 
子供が歩き出したり、喋りだすと親は喜びます。人に言わせれば下手にもかかわらず、なんでも嬉しいのです。そこに効率良いとか効率が悪いとかはありません。ひとりひとりに違いがあるのが当たり前で⚫️⚫️ちゃんは、「よく喋る」とか、「体が大きい」とか、そういった違いも普通です。
 
 
大人の社会では「⚫️⚫️もできないのか?」「最低限このくらいはやって欲しい」などといった基準や条件を満たすことが必要になります。
 
確かに命の問題になるようなことに対して厳しい基準は必要かもしれませんが、むしろ行った行為に対して、相手がどう感じるかのほうが重要です。自分がしたことによって相手は「嫌な気分になるか?」「良くなるのか?」手段ではなく結果に集中をするべきです。
 
そして相手を喜ばせかるために、自分の意思で今ある基準を、越えてやろうと感じて必死に働くことはとても良いことです。
 
 
子供から見習うべきこと
 
人が自分が好きなことをやれば、時間も忘れて必死に行動をすると思います。
ところが子供に対して「勉強しなさい!」とか「お片づけしない!」と怒っている親を見かけますが、それは逆効果では?としか言いようがありません。
 
大人も同じです、嫌な事ばかりが蓄積されれば何もしたくなくなります。好きなことや楽しいことであれば必死になることができます。
 
 
鍵は「どうやったら楽しくやって貰えるようになるか?」です。大人であれば「仕事や生活の中で子供のように無邪気になれる楽しみを見つけることができるがどうか?」今の仕事が、嫌なのであれば休日や帰宅したあとにテレビなどを見るのを止め、自分自身のために楽しむことをする時間を作ってください。
 
誰の邪魔もされることなく、自身の好きなことに没頭ができれば必ずストレスを減らすことができるようになります。
 
自宅に帰ってテレビやネットで大切なあなたの時間を失わないでください。
 
やるべきことは生活の中で自分自身を楽しませる時間をつくることです。
 
↓↓↓↓  シェア宜しくおねがいします! ↓↓↓↓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする