腸内環境

腸管免疫を味方につけて、病気リスクを下げる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腸管免疫

 

腸のおもな役割は消化、吸収、排泄だが、それ以外にも健康を保つために重要な働きを果たしている。それが免疫。体内では免疫を担う細胞が24時間休みなくパトロールしているが、そのうちの70%が腸内に滞在する。免疫とは有害なウイルスや細菌などの病原体、がんなどを見つけ、攻撃して排除する防衛システム。

理化学研究所の研究よると免疫が機能しないと健康は保てないが、食べ物が消化、吸収、排泄されるプロセスでは、食べ物以外の有害な病原体も腸壁を通り抜けて体内に侵入する恐れがある。それを水際で食い止めるため、国境線に警備隊を配置するように免疫を担う細胞が集まる。これを「腸管免疫」と呼ぶ。

腸管免疫の主役はリンパ球、単球、顆粒球の白血球トリオ。このトリオが作り出す抗体と呼ばれる武器や情報伝達に使われるサイトカインといわれる物質もサポートに回っている。免疫には非特異的免疫と特異的免疫という2つのステップがある。病原体が侵入しようとすると、ステップ1では非特異的免疫が動く。担い手となるのは単球系のマクロファージとリンパ球系のNK細胞マクロファージは異物を食べて細胞内の酵素で消化してしまうし、NK細胞は特殊なタンパク質で病原体の外壁に風穴を開け、そこから送り込んだ別のタンパク質が悪玉を自爆へと導く。

この防衛ラインを突破してきた微小なウイルス、病原体に感染した細胞やがん化した細胞などにはステップ2の特異的免疫が起動する。特異的とは「相手に合わせた」という意味であり、相手の特徴に応じたオーダーメイドの抗体を作って戦う。特異的免疫の主戦場となるのは小腸。腸内に集まる免疫関連細胞のおよそ50%は小腸に集中している。

なかでも大事なのは、バイエル板。バイエル板は腸管の周りにあるリンパ球に指令を送る腸管免疫のコントロールセンターであり、異常を感知するとリンパ球系のT細胞とB細胞に緊急招集をかける特異的免疫ではマクロファージや樹状細胞が異物を食べてその情報をキャッチ。情報が伝わると特異的免疫の調整役であるヘルパーT細胞の指令により、B細胞が外的に合わせたIgA(免疫グロブリンA)というオーダーメイドの抗体を作り、精密攻撃して撃退する。B細胞は外的の抗体を記憶しているので、次回侵入さしたときには素早く抗体を作って撃退できる。「免疫」には「一度罹った病から免れる」という意味があるけれど、そればB細胞に備わっている記憶システムの賜物なのである。

この腸管免疫には腸内細菌も深く関わる。乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌はB細胞に作用してIgAの産生を促している。加えてヘルパーT細胞の中でもTh1という細胞の活性化にも関与している。腸内環境が悪くなって善玉菌が減り、悪玉菌が増えると腸管免疫がダウンする。病気のリスクを少しでも下げたいなら、腸内環境の整備を最優先で考えるべきなのだ。

 

自立神経のバランスの乱れが体調不良を引き起こす理由

交感神経と副交感神経のバランスを整えストレスを全身から解放する

インナーマッスルを鍛え腸内環境をリセット毎日10分で効果あり?

ストレスでお腹を壊す?日本人の10~15%が悩んでいるお腹のコト

腸内環境を良くすれば、脳にも心にも良い効果!その効果とは?

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする