腸内環境

インナーマッスルを鍛え腸内環境をリセット毎日10分で効果あり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
inner muscle

日常生活の合間にできるちょっとした運動も腸内環境の改善に役立つストレッチ

 

まずは大事なのはお腹のこわばりと緊張を緩めること。「お腹が硬く緊張しているタイプに健康な人はいません」指でつまめるところは皮下脂肪。手の指を皮下脂肪の奥深くに差し込み、硬くなっている場合は要注意。お腹が硬いと便を外に押し出す力が弱くて便秘になりやすい。お腹の硬さをチェックして、硬いところをマッサージしてぼくしておこう。

次にお腹を大きく凹ます動きと大きく膨らませる動きを交互に行う深い深呼吸を試してみる。力まずにゆっくりと行うと、ストレスなどで興奮している交感神経が抑えられて、腸の活動を支える副交感神経が優位になりやすい。

マッサージと呼吸法が終わったら、お腹のこわばりをストレッチでリリースしてから、簡単な筋トレ程度で適度に刺激する。

ターゲットとなるのは、体の深層にあるインナーマッスル。中でも骨盤の中を通る腰屈筋は腸に作用して排便を促す動きがある。加えてお腹をコルセットのように巻いている腹横筋、骨盤の底を支える骨盤底筋群などを鍛えると腹圧が高まり、排便力がアップして便秘予防になります。

 

薬や医師だけに頼らず 症状を改善することができるストレッチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする