Blog

あなたが幸福になるために変化させるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
変化

 

今日のように、世の中に消極的な刺激ばかりが充満している時代には、こころを強くする努力をし続けないとどんどんと消極的になっていきます。「自分は、もともとこころが弱いから、自分が思うこと考えることがすべて消極的になるのだ」と思うのは間違った考え方です。最初から弱いこころなどありません。ふだん思っていること、考えていることが、消極的だから、いつしか潜在意識の中で消極的な観念が固定化し、消極的なこころの持ち主になってしまったということなのです。

怒り、恐れ、悲しみ、妬み、憎しみ

これらの消極的な観念が潜在意識の中で重要な位置を占めていると、弱った、困った、希望が持てない、お先真っ暗だ、などと、言った消極的な思考がこころの中で渦巻きます。さらに、心配、悩み、不安、失望、落胆といった消極的感情が実在意思の領域を占拠していくようになります。消極的な観念が潜在意識の領域を占拠し、それらが実在意思に再生されて、思考や感情の成立に悪い影響を与えていくのです。

また、潜在意識の中の観念は、思考の進む方向を決めるのにも大きな役割ん果たします。

例えば、胃が痛んだとします。それをきっかけに観念の消極的な人は、次々と悪い方向へと連想を進めるかもしれません。「胃ガンでは?」「これが原因で死ぬのでは?」などと考え、自分の死んだ姿を想像し、葬式の様子を目に浮かべたりします。「自分が死んだら妻や子どもはどうするのだろう?」などと、思考は消極的な方向にどんどんと向かっていきます。潜在意識に消極的な観念がたくさん詰め込まれていると、決して運命は好転しません。

 

それではどうすれば良いのでしょうか?

消極的な観念の代わりに、積極的な観念を入れ替える必要があります。今までの私たちは、知らない間に消極的な素材を受け入れていたために、潜在意識の観念が消極化してしまったのです。だから、その消極化してしまった潜在意識を、観念を入れ替えることで積極化しようというわけです。それには日頃から自分に暗示をかけ 積極的な感情でこころを満たす必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加