腸内環境

ストレスでお腹を壊す?日本人の10~15%が悩んでいるお腹のコト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
過敏性腸症候群

ストレスでお腹を壊すと言う話は良く聞く。日本人の1015%が悩んでいる過敏性腸症候群がその典型である。

 

神経質な性格だとストレスに弱いというけれど、なぜ腸がストレスに弱いかというと、腸は神経の塊でまさに「神経質」だからなのだ。

 

自立神経の調整により 第二の脳である腸をいたわる

腸はおよそ1億個もの神経細胞が集まり、「第二の脳」と呼ばれている。脳以外でこれほど神経細胞が集まる場所は他にないが、さらに腸が独自なのは、脳からの指令なしで独立して活動できる点にある。脳からの伸びる神経には隅々にネットワークを広げ、全身の機能を一元的にコントロールしている。たとえば、筋肉を作る筋繊維の一本一本には運動神経の末端が伸び、その指令で筋肉は伸縮している。しかしながら、脳と腸をつなぐ神経の束は2000本ほどしかない。腸が行なっている消化と吸収、食べカスから便を作るという複雑な作業の全ては脳によって差配されているわけではなく、腸に備わった神経細胞の言わば現場判断で細やかに制御されている。腸ばかりがなぜ特別扱いされているのか?疑問に思うかもしれないが 「なぜなら脳は腸から生まれたもの。進化的に言うと腸こそは 第二の脳ではなく、第一の脳なのです」。詳しく説明しよう。

光合成によって太陽光から活動エネルギーが得られる植物と違い、動物は他の生物を食べて栄養にする必要がある。そのために真っ先に発達したのは腸だった。生き延びるには日々腸に食べ物を取り入れて、そこから栄養素を消化吸収し、不要なものを排泄しなくてはならない。この一連の流れをタイミングよくこなすため、情報を伝える神経細胞が現れ、腸の機能がアップグレードするにつれて、神経細胞の数が増えてそのネットワークは徐々に複雑になっていく。そこから長い年限を積み重ね、脳と脊髄をもつ脊椎動物が誕生したのだ。脊椎動物には、ヒトをはじめとする哺乳類、鳥類、両生類、爬虫類、魚類といったおなじみの生物たちがみんな属している。

でも、ストレスに弱いのはこの進化的に古い腸の神経細胞ではない。独立性が高いとはいえ、腸だって脳の支配を受けている。その中核を担うのが自立神経。自立神経は脳のほぼ中央にある視床下部に中枢を置き、交感神経と副交感神経という 2系統のラインを全身に張り巡らせている。臓器は交感神経と副交感神経の二重支配を受けており、交感神経と副交感神経の作用はまるきり正反対。腸に関しては交感神経がブレーキ役となって活動を抑え、副交感神経はアクセル役となってその動きを促す。普段は交感神経と副交感神経のバランスが取れているが、ストレスが加わるとそれに対抗するために交感神経が優位になり、腸がアクティブに動けなくなる。ストレス耐性を高め自立神経の混乱が第二の脳である腸に及ばないようにすべき理由である。

日々の早寝早起きで生活のリズムを正常化する。

不規則な生活だとストレスが溜まり、食生活が乱れて腸内環境が崩れる。生活改善は毎朝決まった時間に早く起き、朝日を浴びて体内時計をリセットすることから。その後朝食を食べると腸が刺激されて排便が起こりやすい。早朝に体内時計をリセットすると1416時間後に眠気が高まり、決まった時間に眠れる。早寝早起きを心がけよう。

自立神経のバランスの乱れが体調不良を引き起こす理由

交換神経と副交感神経 迷走神経3つによって構成されている

交感神経と副交感神経のバランスを整えストレスを全身から解放する

インナーマッスルを鍛え腸内環境をリセット毎日10分で効果あり?

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする