TREについて

ストレスは脳の中にある、大脳辺縁系の篇桃体が感じ取る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kl01_im_01

ストレスを我慢できる量に限界があり限界を超えるとエネルギーの消耗が起こる。

 

蓄積されたストレスを解消する習慣は健康を維持するには大切なこと

ストレスは、脳で快・不快を感じ取ります。脳の中にある、大脳辺縁系の篇桃体です。ここでは、心地よい刺激に反応する細胞と不快な刺激に反応する細胞が存在します。ここで不快刺激に反応する細胞によりストレス状態となります。その刺激は、視床下部などを経て、自律神経や内分泌に影響を与えます。外部からの”刺激”には、痛みや病気はもちろんですが天気や暴力、仕事も含まれます。

 

ストレスは、悪いものというイメージがありますが、必ずしもそうではなく適度な緊張などがあると機能が十分に発揮されるなど、プラスに働くストレスもあります。

 

【こちらもおすすめ】

どうして疲れるのか?体が疲れる6つの原因を知って改善しよう

 

 


 

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする