ストレス

ストレスを溜めやすい人が見直すと 気分が楽になる6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
*Zara

ストレスを溜めやすい人が気分を楽にするために意識すべき方法とは?

 

あなたのストレスを軽減させる方法を6つ紹介させていただきます。

 

1 完璧主義をやめる。

完璧主義は他人に不満を感じやすくなる。

人に頼みことをしても人はあなたの思うように行動してくれない感じてしまいがち「綺麗に片付けて欲しいのに思ったとおりではない」「言ったとおりにやっておいてくれない」など あなたは日々 不満を蓄積しているかと思います。 唐突ですがここで鏡を思い出してください鏡はあなたと反対だけど思いどおり同じ動きをします。正に完璧です。

もしあなたが 2人いれば鏡の中にいる自分のように思うとおりに動いてくれるはずです。ではその鏡をずっと見ていてあなたは 楽しいでしょうか?思うとおりに動いてくれる相手は自分の心や考えを感じとり完璧に動いてくれますが 、おそらくあなたは鏡をずっと見ていても面白いと感じ続けないと思います。人は自分の思いどおりに動いてくれる人や物に対しては 興味を失ってしまいます。

世の中があなたの思うとおり完璧だったとしら、きっとそれは つまらない世界になってしまいます。他人に対する不満も あなたが人生を楽しむために起こっている要素の一つです。

 

よき妻であり、よき母であらねばならない――と考えると、時間的にも精神的にも自分を追い込み、疲弊してしまいます。「こうあるべき」だと期待をしていたのに 思うとおりにならなかったりするとイライラすると思います。

でも、「テキトーでいいや」と割り切った瞬間、いろんな強制力や圧力や義務感から解放され、毎日がとてもラクになります。そんな「テキトー思考」になるには、「あるべき論」を捨てることです。「こうあるべき」「こうあらねばならない」という発想が自分を縛るので、それを捨てる。そのために、「そのあるべき論を外れたら、どんな困ったことが起こるか?」をイメージしてみることです。

 例えば、家の掃除をサボった。でも人間はホコリでは死なない。

 洗濯をサボった。でも昨日の服にコロンをシュッと吹いてごまかすことができる。

 教育をサボった。でも熱心に育てても、子どもが疲れてバーンアウト(※)することもあれば、ダメ親を反面教師にしっかりした子どもになったりすることもあるから、あれこれ先回りしてレールを敷くのが正しいとは限らない。

理想と現実のギャップに悩むのを捨てましょう。

 

完璧な準備ができてから動こうとしていると、どうしても行動は遅れます。例えば学生の頃の受験勉強。合格ラインに達していなくても、とりあえず「模擬試験」を受ければ、どんな問題が出されどんな時間配分が必要かが体感できます。

会場はどんな雰囲気で、自分がどんな精神状態になるかが分かる。だから次の模試や本番では、もっとうまくできるようになる。場数が多ければ多いほど、それだけ本番で平常心を保てる。

これはビジネスでも同じことで、完璧なプランだと思っても、顧客の反応や市場の変化によって必ず軌道修正を迫られます。

そうならないために、67割くらいの完成度でもとりあえずやってみる。サービスを開始してみることです。その結果、顧客からの反応があり、意見をもらえます。まったく反応がなかったとしても、それも1つの反応です。

「次はここを改善すればもっと良い反応があるだろう」「うまくいったからもっと改良しよう」そうやって試行錯誤して、どんどん進化させていくことができます。

 

2 過去にこだわらないで次の機会に備える

スポーツで 勝ち続けることは 困難です。勝つ時も負ける時もあります。常に意識すべきことは 「次はどうしたら今より良くなるか?」そのために「今からできる事は何か?」 例えば昨日 負けた試合にこだわり続けているより 次の試合に勝つには 「何を修正して戦うか?」「そのために今何ができるか?」を考え行動を始めた方がより勝てる確率は高くなります。過去の事にこだわりに続けるのではなく 建設的な思考をこころがけましょう。

 

3  逆境をポジティブエネルギーに変える

長い人生を生きていれば多少の波風はたつことはあります。嫌なことも何もなく穏やかに過ごし続けられる人は ほぼ居ないでしょう。特に悔しい思いや不満を感じている時に起こる怒りのエネルギーは強いものです。このエネルギーを正しい方向に使えば見事に逆転することが可能になります。

 

4  変化を受け入れる。

たいていの人が持つ認知のクセ「現状維持バイアス」があります。現状を変える提案をされた場合、私たちは変化によって得られるものよりも、失うものの方を重視してしまいがちなのです。

この傾向を持つこと自体は無理からぬ話ですが、残念ながら、こうした傾向があなたの進歩を阻む可能性もあります。

コンピューターの演算能力は過去30年間、一貫して向上し続けており、買い物や勉強、人付き合いの方法を変えてきました。また、ビジネスの世界でも、物流管理の効率が飛躍的に向上しています。

望むと望まないとにかかわらず、私たちは変化への対応を迫られています。

では、急速に変わり続ける世の中を味方につけるにはどうすればいいのでしょう?

自分が取りうる選択肢を最大化することで、変化に備えましょう。そうすれば、どんな事態が突然起きても対応できます。先を見据えて行動しましょう。

そして不確実性を受け入れましょう。あなたの今がどんな状況であれ、未来というのは本質的に何が起きるかわからないものだということを頭に入れておけば、より賢明な判断ができるはずです。

 

5 責任感を持ち過ぎない。

ストレスを抱えがちな人の特徴として、責任感が強い事が挙げられます。

「私が頑張らなきゃ。」

「私がやらなきゃ誰がやるの?」

といった自責の念が強いのです。

もちろんやる事を投げやりにして良い訳ではありません。

責任感は適度に感じて適当にやって欲しいのですが、人からの過剰な期待や無理難題に全てあなたが答えなくてはならない理由は何一つないということです。

もし、あなたが責任ある立場であったとしてもです。

どの様な状況でも、あなたの変わりは探せば必ず何処からかやってきます。

なので、自分しかいない!と結果を気負いあまり気を張り過ぎないで、ダメだったら別の人に頑張ってもらうぐらいの気持ちで楽に取り組んで欲しいのです。

その方がパフォーマンスも上がる可能性が高いです。

あなたは出来ない事をそこまで気にする必要はないと思うのです。

少しずつ成長していきましょう。

 

6 プライド

 プライドには、自分に対するプライドと、他人に対する「見栄」のプライドの2種類があります。

 自分に対するプライドとは、たとえば「自分はこのくらいではへこたれない」とか、「自分はまだまだやれる」という、自己に対する信頼感、自らの可能性を信じる気持ちのことです。自身が依って立つ根拠であり、行動指針です。

 その一方で、「年下の人間に使われるのは沽券に関わる」とか「自分から謝るのはプライドが許さない」などと考える人がいます。これが、ゴミの役にも立たないどころか、人生を台無しにする邪魔な感情の「他人に対するプライド」です。

 彼らは、他人からバカにされたり、見下されたり、不遜な態度を取られたりすると、「プライドが傷ついた」「プライドが許さない」などと逆上します。彼らのプライドは、他人との関係性で優位に立ちたいという見栄にフォーカスされているからです。

 年下だとわかると途端にタメ口になったり、飲食店で店員に横柄な態度を取ったり、自分の意見に反対されると猛抗議したりするのもこのタイプです。

 「器が小さい」「ケツの穴が小さい」と言われるのは、彼らのように見栄のプライドにしがみつくあまり、他人の言動によって自分の感情が支配されている人のことです。

 他人に対するプライドを捨てられる人は、年下の人間にも頭を下げて教えを請うことができます。ちっぽけなプライドよりも、自分の知識欲を満たすことや人脈を広げること、そして自分の成長にフォーカスしているからです。

 そしてそのためには、相手を気分よくさせることが必要であり、「へりくだる」ことはタダでできる自分の販促手段であるとわかっています。そうした姿勢は一見「謙虚な人」と映りますが、名より実を取る、徹底的な現実主義者なのです。

 しかし、そんなプライドが捨てられない人は、自分が「小物扱い」されることを極端に嫌い、こうした行為が自らを利する「人間マーケティング」だと考えることができません。こうして自らの成長のチャンスを逃します。

 結論から言えば、自分に自信があれば他人の心ない発言すら容易にスルーできます。しかし、そこまで自分に自信が持てない場合、プライドを捨てるのはなかなか難しいものがあります。

 

ストレスは脳の中にある、大脳辺縁系の篇桃体が感じ取る。

自立神経のバランスの乱れが体調不良を引き起こす

交感神経と副交感神経のバランスを整えストレスを全身から解放する

大腰筋から起こる自然な振動が身体を自己回復させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料相談掲示板 β版

まずは相談を あなたが抱えている問題を一人で悩み苦しまない。


同じような境遇にいる方 あなたに適切なアドバイスができる方もきっといます。


まずは自分の置かれている状況を無料相談掲示板で相談してみてください。


解決の糸口が見つかるかもしれません。


無料で相談をする